田舎でのありがちな話

こんちは。チルドです。

この前、増田にこんな記事があがっていました。

http://anond.hatelabo.jp/touch/20150409001729


いつの話題だよという、周回遅れもいいところなんですが、思ったことなどつらつらと書こうと思います。

ちょっと違うかもですが、僕にはPという友達がいまして、小学校も一緒だったので、かれこれ30年の知り合いになります。

ぜんぜん付き合ったことがない人はともかく、この歳になれば一人くらいはいると思います。たぶん、みんな言わないだけだと思うんですよね。


http://www.flickr.com/photos/38991571@N00/14993581884
photo by 藍川芥 aikawake


Pとは小学校、中学校と同じで、高校のときアルバイトで再会(笑)したことがキッカケでした。バイトのみんなとカラオケに行ったあと酔った勢いで……というパターンです。その前から冗談を言い合えるくらいには親しかったのですが、お互いにそんな気はなかったという。

僕はそのころ好きな子がいたので、Pとのことは
ひた隠しにしていました。Pも同じく短大を卒業して病院に就職し医者と結婚するという壮大な野望がありまして、お互いの利害は一致していたので、急いで家に帰ってアリバイ工作しましたね。

それから暇なときだけ游ぶような関係になりました。Pは短大のころから一人暮らしだったのでたいてい家でゲームとかですね。ただし僕は他の人とつきあっているときは、Pとは絶対合わないようにしていましたよ。

Pの方も僕と同じスタンスだった、と信じてあげたいのですが…。とにかくオープンな性格なんですよ。良く言えばね。

そんな感じで、ズルズルと続いていました。ここ数年は、婚期を逃した旅の仲間(笑)みたいな感じになったりして適度な距離感でした。

それがこの前、家飲みしたんです。新しいベイビーステップを買ってたからベットに寝転んで読んでいました。って言うと自由な感じですよね。

でも、昔から掃除とかぜんぜん出来ていないから、たいてい僕が行ったら片付けているんですよ。ときどき丸めたティッシュとか、ベットから出てくるから、何やってんだよという…。

けど、それはいいんです。そんなことは些事です。通常運転なんですから。問題なのは、Pが結婚とか言い出したことなんです。いつもヘラヘラしてる僕ですけど、さすがに真顔になりましたよ…。

10年まえならまだしも、お互いもういい歳なんだから、冗談だろと。いや、結婚できなかったのは、僕の場合は、僕自身の責任です。同じくPはP自身の責任なんですよ。

僕の場合は、積極性が足りないだとか、収入が少なかったとか、真面目な理由ですが、Pはあきらかに自分の責任なんですよ。アイツに限って言えば、けっこう良いヤツそうなのと付き合ってた時期もあったんですよ。

それを選り好みして決断しなかったのはぜんぶ自分のせいなんですよ。自分が招いたことなんですよ。遊びを優先した末路なんですよ。いまさら何言ってるんだコイツ状態ですよね……。

僕はもう急いで帰りました。読みかけのベイビーステップも放り投げて帰りましたよ。もう、あそび行かない方がよさげです…。


いろいろ書いてたら、全然まとまりも関係もなくなってしまいました。ま、たまには日記風でもいいかな。


今日はここまでー。