読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

低所得者と独身は税金を払っていない?

こんちは。ライターのチルドです。

今日は、前々から気になっていた「税金」について書こうと思います。

読者のみなさんの一部には「また訳の分からないことを言うんじゃないの」と思われるかたも、あるいは、いるかもしれませんね。

ご安心ください。

今回は具体的なデータを用意しました。高所得者の方々、また、結婚されているみなさんは、耳の穴をかっぽじってよく聞いてください。


http://www.flickr.com/photos/47422005@N04/6263542143
photo by DonkeyHotey

低所得と独身に関するバッシング

インターネットを見ていると、定期的に回覧してくる2つの書き込みがあります。それぞれのニュアンスは違いますが、要約すると以下のような内容になります。

・税金の8割は高所得者と富裕層が払っている。低所得者の税収など無に等しい。
・独身者には独身税をかけるべきだ。あいつらは楽をしている。

あなたも一度は目にしたことが、あるのではないでしょうか。

ちなみに僕は、年収300万プレイヤーですが、全体の平均で見ると低所得者であり、独身者(戸籍が綺麗な方の)です。つまり、上記した2つの主張は、僕が税金をろくすっぽ払っていないというバッシングなのです。

事実に基づく反証

去年の僕の総所得(年収)は300万でした。ちなみにボーナスはゼロです。この300万を月割りにすると25万になります。しかし実際に僕が手にした現金は月々18.5万でした。

250,000-185,000=△65,000


これを1年間にすると…

65,000×12ヶ月=△780,000


ご覧のとおり300万から78万がさっぴかれています。これが僕の払った税金です。

分かります。言いたい事はわかります。国民やら健康やら、国や住民や村がどうのこうの言うんですよね。分かりますよ。しかし税金に変わりはないんですよ。

税金とは、年金・医療などの社会保障・福祉や、水道、道路などの社会資本整備、教育、警察、防衛といった公的サービスを運営するための費用を賄うものです。 みんなが互いに支え合い、共によりよい社会を作っていくため、この費用を広く公平に分かち合うことが必要です。
税制(国の税金の仕組み) : 財務省
www.mof.go.jp/tax_policy/

…ということです。

さらに僕は、去年の収入のうち120万を貯金しています。つまりあとの100万は使っているのです。使うとさらに税金がかかりますよね。消費税の8パーセントです。

1,000,000×1,08=△80,000


計算に微妙な誤差はありますが概ねあってると思います。前述の78万に加え、消費税も8万払っています。それだけではありません。ありとあらゆる出費にナゾの税金が含まれています。

もろもろを合わせると100万は税金を払っているのです。年収300万で独身の僕は、年間100万もの年貢を納めているんですよ。収入の実に3割以上を、社会に、いや、みなさんのために負担しているのです!

まとめ

ご理解頂けたでしょうか。僕を含めて低所得者や独身は税金を払っていますよ。高額所得者から見れば額はちいさいですが、負担という意味では払うべきものは払っています。

ところで結婚されている方やシングルマザーの方は、税金控除されてますよね?じつに羨ましい。僕は控除ほぼゼロです。高額所得者と僕に感謝してくださいね。


今日は、ここまで。