家畜はあなた。ブロガーを名乗る社畜のみなさんへ

ブログのマネタイズって、なんだったんだろうね。なんか、「自由になる」みたいな夢を語っていたけど、けっきょく実のない自己啓発と見世物小屋だけが残ったんじゃないかな。

・芸人
・アイドル崩れ
・イベント屋

どれも、ひと昔まえにテレビで流行ったようなコンテンツ。電波少年の劣化版に、アイドル崩れのお食事会、いかがわしいパーティー券の手売り…。堅気がやる商売じゃない。

それより成功してそうなひとたちも、経歴を見たら、東大、早稲田、慶応、というように、学歴を担保にした自営業者というだけで、何やっても食べていけるひとばかり。フェイスブックで十分。ブログ飯である必要もなかった。

自営業者のように、企業に人脈を作って、代理店とご飯を食べて、 ブログで売ってきた夢とは正反対の鬱陶しい人間関係を軸に活動している。 会社の家畜ではなく、社会の家畜。社会という檻の中で餌をさがして這いずり回る異形の者たち。

それって会社員となんにも変わらない。それどころか、もっと不自由な生き方だよ。その生活基盤は否定してきた働きかた、バカにしてるひとびとが会社で稼いできたお金。そんな人々からお布施を1万円、年間500人から集めたら年収500万みたいなビジネス。食べていくため、生活していくために、とことん、社会や他人に寄生しなきゃならない。

結局、資本主義の仕組みに乗っかっただけで、新しくも素晴らしくも自由でもなかった。ノマドですらないんだよ。いにしえの夢売りネットワークビジネスの親ねずみたち…。

そんなことやってると罰が当たるって、うちのおばあちゃんが言ってたよ。

僕に裁くチカラはないけど、きっと天罰がくだるよ。

自分たちの腐敗したこころが生み出した虚像に自分が食べられちゃうんだ。