読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

【サッカー】なぜ日本人の代表監督はありえないのか?

サッカー日本代表のアギーレ監督が解任となり、次の代表監督に注目が集まっています。日本サッカー協会(JFA)は外国人監督に強いこだわりを持ち、次の監督を探しているようですが、ひとつ大きな疑問があります。

なぜ外国人なの?

日本人の代表監督という選択はないのでしょうか。前々回のワールドカップでは岡田武史氏が代表監督でしたから起用してはいけないルールは無いはずなのです。フィールドでプレイするのはあくまで選手達なのです。

単純に日本人びいきという話しではなく、客観的に見て日本人監督が外国人監督に劣っているとは思えません。

前回のFIFA女子ワールドカップの優勝国は日本でした。監督は日本人の佐々木則夫監督です。選手としても監督としても、国際経験はありませんでした。

つまり日本サッカー協会(JFA)が外国人監督にこだわる根拠はゼロなのです。

何のための監督なのか?

当たり前の話ですが、選手たちが考えなくてはならないのは、どうすれば試合に勝てるかです。監督を理解することではありません。

ところが、今の外国人ばかりを代表監督に起用する日本サッカー協会の方針では、選手の方が監督に理解してもらおうと必死になっています。

代表に呼ばれる選手たちは、子供の頃からワールドカップのピッチに立つことを目標にしてきたのですから、その心情は理解できます。

しかし、そのピッチに立つためにプレーのことではなく、監督に気に入られることばかり考えていては本末転倒です。とくに香川真司選手はその傾向が強い。こうすれば試合に出れる、これをやると試合にでれない、というように考えているように見えます。(彼が本来の実力を発揮できていないのは、外国人監督の不安定な起用に原因があります)

競争がプラスに働く選手もいれば、マイナスに働く選手もいるでしょう。その辺りの選手の心情をうまく汲めるのは、やはり日本人監督なのではないでしょうか。

この調子でいくとワールドカップでは、また予選落ちしそうです。監督を日本人にすれば最悪の事態は避けられるはずです。

どうか、日本全国のサッカーファンのみなさん。

みなさんのチカラで代表監督を日本人にしてください。

よろしくお願いします。