読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

嘘をつくひとは黒いズボンをはいている

暮らし

近ごろの記事が、みんなに不愉快な印象をあたえてしまった気がしている。どれがどう、という訳ではないのだけれど、そんな風に感じてるんだよ。

他意はないんだ。心の声がポロっと落ちてしまっただけなんだ。ホントだよ。僕はとても誤解されやすい人間なんだ…。

「それは誤解です」って大きな声で言うヤツは信じちゃいけない、っていうよね。だけど僕のはちがうよ。僕に限っては、価値観の相違、言うなれば個性なんだ。


http://www.flickr.com/photos/87106931@N00/14837162238
photo by mhobl

嘘をつくひとは黒いズボンをはいている

ウチのおばあちゃんが言ってたんだ。「黒いズボンをはいた男の人は信用しちゃいけないよ」って。

過去におばあちゃんが関わったひとで、良くないタイプの男の人は、おなじ格好をしていた。その共通項がズバリ、黒いズボンだったというわけ。100年の人生経験から導いた答えだから、信ぴょう性は高いと思うよ。

もちろん僕は、ブログで黒いズボンなんて着用してない。白いズボン?ちがうよ。白どころか、ズボンそのものを脱いでるんだから。

お馬さんごっこは、特殊なスキンシップなんだね…。みんなのドン引きコメントを見てハッキリと自覚したよ。自分がまるで犯罪自慢をしてるヤンキーになったような気分だった。

約束するよ。

もう二度とあんな話はしない。だからそんな目でみるのはやめてくれ…。

ミッシングリング

失われたリング(信用)を取り戻すべく、真面目なことを全力で語ってみるよ。

この増田さんから見たら、僕のブログなんて、それこそ雲の上の存在かもしれないね…。

断言しよう。身内のブクマ程度では、人気ブログや有名サイトにはなれない。

ブロガー同士でブックマークをつけるときは十中八九、「つけたんだからそっちもつけろよ」という意思表示なんだと思う。

これは、違うかな。

僕の場合、ブックマークやスター、読者登録なんかのレスポンスがあったら、一応見に行ってるよ。感想をもらえたら、とりあえずチェックに行くんだけど、方向性ちがうなー、と思ったらそっ閉じしてる。

そっ閉じは、お互いのことだから、自分はなるべく「良いブログに出会えた」と思ってもらえるコンテンツを目指しているよ。

ブログ+ブックマーク+スターを並行して使ってるユーザーは、だいたい同じ感覚じゃないかな。やっぱ雑になる部分はあるよ。レスポンスが増えてくると、物理的に処理しきれなくなってるのが実情なんだよね。

心が折れそうだから、誰か、「巡回してないのに人気のそこそこの規模ブログ」があったら教えてください。

そういう可能性もあるんだと、心の支えができればこれからもブログが続けられるんじゃないかと思ってる。

そんなブログと言えばここかな…。賛否両論ありそうだからコメントは差し控えるけど。一般的なコミュニケーションによる宣伝活動はいっさいしていない…。


身内である程度のコミュニティを作れるとしたら、それも才覚。だけどそこから先にリーチしていくには、コンテンツとしてのパワーが必要なんだ。

インターネットでは個人の声を遠くまで届けられる反面、デキる子と出来ない子の差がモロに出てしまう。

稼ぎたい、1番になりたい、好きなことを追求したい。それぞれの想いや取り組むアプローチはバラバラだけど、共通しているのは、強い意思を持ってるってことなんだ。

魚釣りにたとえると、まいにち同じ場所、同じ仕掛けで、愚直に続けてもいいし、大物が釣れるという情報を頼りに、いろんなポイントに出かけるのもいい。

インターネットでは誰に対しても開かれてるから、好きにやったらいいと思うよ。

僕も最近はゲー厶ばかりしてるから、もうちょっとブログやらないと。義務でも習慣でもはなく、ブログを続けることが、もっとも自分のスキルを高めていると感じられるんだ。

…結局、自分のためにやってるんだよ。