散るろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログでは自分を大きく見せたい

こんちは。散るろぐのひとです。

ちかごろキャラがブレまくってる。ここ10記事ほど、どんな記事が、どの層に届くのかという好奇心から、いろいろ書いているうちに、自分を見失った。これは豆知識として広くシェアしてほしい。

僕が書くと、どうしてもネタっぽくなってしまう。ネタでもないけど、ネタっぽくなるし、どうしたものかな。不快な表現も、避けようと思えば避けれるけど、インパクトがほしいというか、自分を大きく見せたいという姑息な考えがあると、あんなふうになる。

文章も、いま書いているこの感じ、これが普段の僕だよ。一人称も「僕」がしっくりくる。しがないサラリーマン、ただのおっさんなんだよ。


http://www.flickr.com/photos/35488111@N07/12228515593
photo by plattbridger

しっきー

しっきーが僕を紹介していた。しかし、あのメンバーに僕を入れてしまうとは…。たしかに、しっきーを育てたのは僕だけど、それはまたべつの話だよ。こんど会ったら「ときには切り捨てる非情さ」について話さなきゃならない。まだ一度もあった事はないけれど。

池田仮名さん

あの池田仮名さんの隣だからね…。ブログというか、人としての「格」が違いすぎる。実をいうと、僕ははじめ池田仮名さんを、池田信夫氏と間違えて読者登録していた。

僕は3年ほどインターネットにブランクがあったんだけど、その間に、あの池田信夫氏がここまで変われるのかって心底驚いた。ひとってこんなに若返るもんなのかって思って。当たり前だよね。別人だったんだもん。

それに気がついたのは、池田信夫氏が、なんかの記事で誰かに叩かれていたからなんだ。僕はそれで、仮名さんと信夫氏が別人だってわかった。その瞬間、僕はディスプレイに向かって「やっぱりね」ってつぶやいた。誰に向けてつぶやいたのかいまだにわからないけど。

僕も池田仮名さんみたいに、知的になれたらな…。

はぴらきさん

しっきーが、はぴらきさんに目をつけてたのは評価するよ。育ての親として誇らしく思う。内部リンクってわかるかな。サイト内リンクともいうけど、はぴらきさんはこれを多用している。

おそらくグーグルはリンクを点じゃなく面で見てる。…新宿駅の構内図をイメージするとわかりやすいけど、グーグルの連中は、サイトの表面より、リンクで結ばれた図面を重視してる。しかもその基準は「美しさ」なんだ。いかにもグーグルらしいよね。

ひなたとこかげさん

話しぜんぜん変るけど、日なたと木陰っていうブログ知ってる?僕が冥王星だとしたら、地球くらいの距離にあるブログなんだけど、なかなか良い文章だよ。


なんというか「ひとがブログを作りブログが人を育てる」って言葉があるけど、これほど彼が伸びるとは想像もつかなかった。言葉が伝わりやすいんだ。センスなのかな。僕が総理大臣になったら、彼に法律をわかりやすく書き換えてほしい。



今日はここまで。


読んでくれてありがとう。