散るろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目な人ほど要注意!仕事中の眠気と改善方法

こんにちは。チルドです。

みなさんは仕事中に眠くなった経験はありませんか?

僕は、仕事中、強烈に眠くなることがありました。一時期は業務に支障が出るレベルまで「眠気」に悩まされたのです。

ところが、あるとき会社での上司の言葉をキッカケに、その眠気が大幅に改善されたのです。

今日は、僕と同じような眠気に悩んでいる方のために、この話を多くの人に伝えたいと思い、記事を書いています。


http://www.flickr.com/photos/36034968@N00/294676273
photo by driki

救われた上司の言葉

ある日の仕事中、突然、強烈な眠気に襲われて、僕はフラフラになっていました。そのとき上司に声をかけられました。

上司「チルドさん、どこか具合が悪いの?」

僕「すいません、昼間にひどく眠くなることがあって…」

僕は、正直に答えました。

すると、その上司はこう言ったのです。


上司「眠たかったら少し横になればいいよ」


僕は、この言葉にハッとしました。なぜなら僕は、昼間に眠くなるのは、気持ちがたるんでいる証拠であり、ましてや、仕事中に眠くなるのは「異常」だと考えていたからです。

しかし、人のカラダは、疲労したら睡眠を必要とします。そのときの状況など関係なく、疲れたら眠くなるのは自然なことなのです。しかし僕は、それを非常識だと考え、カラダからのメッセージを拒否していました。

そんな僕の気持ちを、眠たかったら少し横になればいいよ、という上司の言葉は、スッと軽くしてくれました。

眠気はカラダからのメッセージ

僕は人からよく「真面目」と言われます。自分では、ふつうに働いているのですが、他人からはそう見えるようです。

そこで気がついたのは、僕は真面目で責任感が強いがゆえに、カラダからのメッセージを、無意識に拒否していたのではないか? ということでした。

無理せず寝る

それからは、仕事の時間でも、眠くなったら寝るようにしました。もちろん、車の運転や会議の途中は別ですが、それ以外のときであれば、一旦、手を止めて、数分間〜数十分、体を横にして眠るようにしました。

職場にポジティブな変化

不思議なことに、僕がときどき寝るようになってから、ピリピリしていた職場の雰囲気が穏やかになりました。

それは、体に不調を感じたときは、我慢せずに休むことが自然な空気ができたからだと思います。

実際に僕の部署では、仕事のミスが減り、トラブルも少なくなりました。また、職場全体で、急な欠勤をする人がいなくなりました。

それが全部、寝やすい環境になったから、と考えるのは、行きすぎかも知れませんが、ポジティブな影響があったのは、紛れもない事実なのです。

まとめ

眠くなったら寝る。身体の声に耳を傾ける。それはとても重要なことでした。みなさんの職場でも、ぜひ検討されてみてください。

また、経営者の方々も、従業員用の仮眠室を作る、休憩しやすい雰囲気をつくるなど、ご配慮いただければ、良い循環が生まれるかと思います。

ストレスの多い現代社会ですが、何気ない意識の変化で、より良い社会にできる可能性が、まだまだあるかと思います。

働きやすい環境を、みんなで作っていきましょう!


真面目な人ほど要注意!仕事中の眠気と改善方法…という話題でした。お読みいただき、ありがとうございます。