キンモクセイが咲きました

玄関のドアを開けると、朝のひんやりとした風に濃厚なキンモクセイの香りがしました。

この木は、樹齢30年をゆうに超えた老木です。電線に枝がかかってしまうため、定期的に枝を整えています。


f:id:cild:20150417181504p:plain


この木が、はじめて花をつけた年、父の借金が発覚しました。額は700万。某大手石油会社の経理であった父は、そこそこ大きな額を決済できる立場上、銀行のひとと毎晩飲み歩いていました。

きっと、大きなお金を動かしているうちに、感覚がマヒしたのでしょう。借金は街金ではなくすべて銀行でした。身元も収入も把握していた銀行は、父に気前良く貸し付けていたようです。

ですから、本人の収入では元金がいっこうに減らず、けっきょくは、母の貯えと母方の実家の土地を処分して清算しました。



事件のあとキンモクセイは一度も花をつけることはありませんでした。それが今年になって、ようやく見事な花をつけたのです。

そしてまた父の借金が発覚しました。その額は前回を上回る1000万円です。

母の財産はすべて失われました。

夫婦の借金は、いかなる理由であっても、共同責任になるそうです。法律でそう決まっているのです。


f:id:cild:20150417181527p:plain


あれから10年が経ち、母はようやく離婚しました。その年はキンモクセイが満開でした。