読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

TONEで通信制限される場合

格安SIM生活

こんちは。ライターのチルドです。

たまにはTONEモバイルの事を書こうかな。また制限をかけられて止まってる。ブラウジングできないから仕方なくメモ帳で書いているよ。

「面接がひどい」というキーワードで広く周知されたTONEモバイルだけど、使用感はそれほどひどくない。でも、無制限を詠っているけど、実際は無制限ではない。

制限の仕組み

はじめに、TONEは使用制限について具体的なアナウンスはしていないから、あくまで個人の使用感として、参考程度に聞き流してほしい。また、現在の状況(2014-07-16)だから、これから先は予測がつかないことを断っておくよ。

制限がかかるのは、24時間のあいだに100MBをオーバーしたあたり。面白いのは、100MBオーバーした時点では、まだ普通に使えるところ。それから数時間後に24時間の利用停止となる。

例えば、朝8時から、頻繁にデータを消費して、夜8時に100MBをオーバーしたとする。

この時点では、まだストップしない。それから数時間後にストップして、翌日まで、丸24時間使えなくなる感じ。

この制限がかかるまでの微妙なタイムラグの理由は、おそらく100MBをオーバーした時点でストップしてしまうと、「無制限って言ってたのに1日100MBまでしか使えないじゃん」という批判をかわすためなのかなと思う。

「きのういっぱい遊んだから、きょうはお休みしようね」という、お母さん的な優しさ。しかし、100MBならはっきりアナウンスしてほしい。そう言ってしまうと、売りにくくなるから曖昧にしているんだと思うけど、JARO的にはどうなんだろう。

格安SIMとの比較

格安SIMとかイオンスマホとの比較だけど、価格やサービスのもろもろから判断すれば、TONEの方がちょっとマシかもしれない。

まとめ

結論をいえば、3GB弱(100MB×30日)で、月額¥1,000は安いとは思う。大手携帯キャリアは月間8GB/¥5,000くらいだから。ただし、ダウンロードと動画閲覧がいつでも出来ないのは痛いし、不便さを考えると、安易に乗りかえるのはお薦めしない。

自宅と職場にインターネット環境があればアリかなとは思う。

詳細は省くけどオプションをつければ、無料通話 約1時間コミの月額¥3,000(端末代+基本料+オプション)で、ほぼ、問題なく使える。

番号が変わっても平気、あまり電話しない人には、オススメかもしれない。

個人的な希望

結局のところ、へービーユーザーって、動画の視聴、ダウンロードと高負荷なゲームを四六時中やっている人なワケで、その3つを端末側でロック出来ないのかな。僕みたいに、ブログとニュースを見てるだけで規制されるのはおかしいと思う。