読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

デッドエンドの思い出を読んでみた

よしもとばななさんの小説が好きで、ときどき読み返したりしている。ぜんぶ読んでると思うけど、作者名だけ見て読むスタイルなので、時系列はわからない。これも、たぶん短編だったと思うけど、タイトルは記憶していない。

デッドエンドの思い出 (文春文庫)

デッドエンドの思い出 (文春文庫)

あらすじはこんな感じだったと思う。


主人公(女性)がアルバイトしている都心のお洒落なカフェ(オーナーの隠れ家的な)に、わざと預金通帳を開いてみせて店の女の子をナンパするお金持ちおじさんが来る。そして男前の主人公がおじさんを追っ払う。

ピアノにも堪能な主人公の家には、ときどき近所の少年がピアノを習いに来る。少年はピアノというより主人公に会いたくて来ている。そして男前の主人公は「ヤりたいだけでしょ」と少年を追っ払う。

ストイックでシニカルな主人公がバッサバッサと斬り捨て、やがて真実の愛みたいなものに出会うのかと思いきや、物語は想像を絶する展開を迎える。

主人公がお金もちおじさんの家でパンツを脱ぐのだ(´;ω;`)ブワッ

読了して何かを見落としていないか、救いを求めるようにページを繰ったけど、徒労に終わった。


おじさんと寝てもいいなら、せめて少年におっぱいくらい触らせてあげてもいいのではないか。

僕はは悲しくて泣いた。

でもそれが本当なのかもね。すごく揺さぶられた思い出深い短編です。読書はやっぱり面白いですね。