読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

僕がマクドナルドに入り辛くなった理由

こんちは。ライターのチルドすです。

きのうの僕は100円どころか300円持っていました。なんなら500円出しても構わないとすら思っていたのです。

しかし僕はマックに入ることが出来ませんでした。なんというか、食べたいのに入れないのです。

ローソンでガリガリ君いっぽんは余裕で買えますよね。ブラックサンダー1個はちょっとハードル上がりますが不可能ではありません。レジで誰も会計をしていないときに速攻で支払いをすれば全然余裕です。

でもマックではそうはいきません。まず、オーダーしてからのタイムラグがあります。出来たてのホカホカを食べられるインセンティブとして微妙な待ち時間があるんですよ。

そのタイムラグが楽しければいいのですが、そうはいきません。想像してみてください。マイルドヤンキーふうの若い男女が1500円くらいオーダーして待っています。その隣で、それなりの身なりをしたおっさんが100円玉を握りしめている姿を。

顧客単価

マクドナルドは100円の価格を提示していますが、その実、600円あたりの客単価を見込んだ商品構成になっています。

つまり、マクドナルド=安い、というイメージですが、その実は、ある程度消費しないとカッコ悪い感じになってしまうのです。

もう一度言いますが、僕はときどきマックが無性に食べたくなります。嘘偽りなくマクドナルドは選択肢のひとつにあります。

しかし、気軽に買える感じではなくなってしまったんですよね。客層、店の雰囲気などが、そう感じさせるんですよ。

困ったことです。


んじゃ、またね。