うつ病にも効果的。35歳から始めた水泳のススメ

かれこれ4年ほどプールに通っています。35歳を過ぎたころ急に体重が増え始めたので、ダイエットと軽い運動をかねて近くのスポーツジムに入会してみました。


気分の改善

僕は若いころから気分の浮き沈みが激しくて、うつ病とまではいかないものの、不眠で生活のリズムが乱れやすいタイプでした。また、ときどき不安感に襲われたりして、それが原因で仕事も長続きせず、1年ほど引きこもっていた時期もあります。


泳ぎ始めて変わったこと

水泳を始めて感じたのは、よく寝れることです。泳ぐと疲れるので眠くなる。当たり前なのですが生活リズムはずいぶん良くなりました。また、不安感も、泳いだあとにお風呂に入ったりすることで、かなり軽減しました。


http://www.flickr.com/photos/34961066@N00/105507616
photo by Maia C


スポーツジムか室内市民プールへ

ちょっと水泳を試してみたいと思ったら、近くの市民プールか、スポーツジムの体験入会が便利です。市民プールは、いつでも誰でも入れますし、スポーツジムは、どこでも無料の体験コースがあると思います。


市民プールは1回300〜500円。スポーツジムは泳ぐだけなら月6千円前後、高くても1万円以内です(料金はどこのジムも同じくらい)こちらは週に4回、月に20回利用したとしても、1回400円程度です。どこに通うか迷ったとき、一番の目安は近いことです。継続が何より大切です。


必要なグッズ

水泳は他のスポーツとくらべて道具にお金がかからないのも魅力です。ネット通販や近所の大型スポーツ店などで購入できます。金額の目安としては…


・ゴーグル:1000円〜3000円
・キャップ:500円〜1000円
・ウェア:3000円〜8000円
・タオル:0円〜1500円
・曇りどめ:400円〜500円

男性ならトータルで5000円〜1万円くらいです。ゴーグルは青色系、キャップはメッシュ、ウェアのサイズは洋服とおなじ感覚でいいと思います。ウェアは、痩せている男性ならボックスタイプ、お腹が気になる方はスパッツタイプがオススメです。女性用はちょっとお高くなりますが、それでも1万円以内でそろえられます。



はじめてのプール

水着に着替えたら、まずシャワーを浴びてお風呂に入ってみます。スポーツジムなら大きなお風呂があるので、ゆっくりつかって手足を伸ばしてくつろぎます。

お風呂でリフレッシュしたらプールへ。泳ぐコースや歩くコースなどがあると思います。はじめは初心者&練習用のコースへ。そこでは途中で立っても平気なので、潜ったりしながら、ゆっくりカラダを動かします。

たいていのスポーツクラブでは、泳ぎの初心者を教えてくれるコースなどもあるので、気軽にチャレンジしてみてください。


まとめ

水泳はダイエットというより、 からだを引き締める効果があります。僕は、身長176cm、体重78キロでしたが、1ヶ月ほどで72キロになりました(6キロ減)。またビート板でバタ足をすると足が細くなります。女性も男性も、しっかり泳いでいるひとは足がすごく綺麗です。


僕にとって水泳のメリットは、泳いでいる間は、雑音をシャットアウトできること。それから、体温のコントロールが改善することです。風邪もひきにくくなりました。

しかし、プールに行ってみてけど、ぜんぜん楽しくない、逆に疲れてしまうという人も多いです。そういうときは、ランニングなど陸上スポーツなどもありです。運動は本当に精神的な改善効果があります。ぜひ、無理のない範囲で試してみてはいかがでしょう。